リツエアクベバ

satomies’s diary

実家詣

車で実家に行った。わたしの母がうちの息子に会うのが久しぶりだと喜んだ。と言っても、正月と5月の連休と行っているのだけれど。

マメに惣菜を作る母だが、去年くらいからそのあたりが面倒になってきたところがあるらしく。車で行く時は作り置きできるおかずを持っていく。今日は糠漬けと、ズッキーニとエリンギの炒め煮を持って行った。

先日、延長コードで傷んでいたものがあったので取り替えた。そのときにトラッキング防止用の電源タップを買った。ああ、ひとり暮らしでこんなに健康に長生きして、トラッキングの火災で死んだらもったいないんだよなと思って。今回はトラッキング防止用のコンセント安全カバーを買っていき、あちこちの、特に家具の裏になるようなコンセントに付けた。

運転する夫にヴェリタスブロイを飲ませて、わたしと息子と母でビールを飲む。寿司を食べ、母はなんだかんだとよく話す。

母が、死んだ時に着せてもらうものを、前は着物をと思ったが洋服にしたのだと言う。うちは浄土真宗なので、荼毘に伏すときに好きなものを着られる。

いや、あのさ。と、わたしが言う。悪いけど両方わかるようにしといてよ。望み通りにはできないかもしれない。

年をとって、子どもに頼りたい、ひとりでいたくない。そんな年寄りはたくさんいる。母は違う。自分のテリトリーで、干渉されずに自分の世界を守りたい。子どもに頼るのではなく、「対等な契約」でサービスを利用したい。そんな話を繰り返すので、それではと「死ぬまでひとりで暮らす」的な本をふたりで読んだ。

「死ぬまでひとりで暮らす」。これは、死後の発見が遅れることに、そんなことはあるだろうという覚悟の上で選ぶことだと。そしてそうした自立と自由を母が選ぶのならば、わたしは死後数日経ってから発見しても、それはそういうことだと後悔はしないよと。
まあ、それなりに弱ってきたら、室内カメラはつけるかもだけれど。それは「尊厳をもてる」やり方でつけるからねと。

そんな前提の話がある。

母が、死んだ時に着せてもらうものを、前は着物をと思ったが洋服にしたのだと言う。
両方出しといてよ、発見が遅くなってガチガチに死後硬直していたら、そこから洋服なんて着せられないでしょう。着物だったら上からかけられるから。

そうじゃなかったらさ。これは危ないかもしれない、ってときに。その「死んだ時に着せてほしい服」を自分で着てよ。そうしたら死後に着せるとかしなくていいから。

そうやって、そのうちくる「いつか」の話をする。よほどの事故がない限り、たぶんまだかなり先なくらいにふつうに元気。89歳。

胡蝶蘭にナメクジ

胡蝶蘭の若葉が、がっつり虫食いになっていた。一日くらいの間にこんなにしたのは誰だ!

胡蝶蘭を育てて、もう8年くらいか。父の一周忌にいただいたものから始まり、花期を終えた鉢をいただいたりして、今は大小の鉢の数が多い。

手間は無い、時々水をやるくらい。肥料もやってない。どうもうちは環境が合うらしい。咲き出すと四ヶ月くらいは咲き続ける。

たいして大事にもしていないのに、今年「気が狂ったように」花をつけた株があった。葉も多く非常に元気。

その株の若葉が、がっつり虫食いに!
悲鳴を上げて、検索しまくった。こんなことは初めてで。なんか葉の根元に黒い点みたいなものがびっしりで。最初それが虫なのかと思った。

よくわからないままに、アブラムシだのハダニだのの殺虫剤を噴霧して。それからその黒い点みたいなものを洗い流したくて、ガンガン水をかけて洗い流した。

どうも、ナメクジらしい。そしてあの黒いやつはフンだ。

www.fillgreen.shop

ナメクジ用の殺虫剤は「マイキラー」。

www.greenjapan.co.jp

息子帰省

市内の隣の区に住む息子が「12日に帰省する」と LINEをしてきたのでウケる。「帰省」とか「実家」とかいう言葉を使いたいらしい。この微妙なニュアンスのダサさが、この子のこの子たるところのような気がする。どこにいっても、どんな集団に入っても、なんだかすぐいじられる。

家を出てからずいぶんと痩せた。やつれたというよりは、元に戻った感じがする。元々痩せ型で、中高の部活の日々でしっかりとつけた筋肉がその後運動習慣も無いのに落ちず。細マッチョみたいな体型を、なんの苦労もなく維持し続けた。高校卒業の時に作ったスーツは、成人式でも大学の卒業式でもすんなり着られた。本人も周囲も、そんな体型でい続けるのかと思ったら。就職して飲んでばかりいたら、少しずつサイズが変わり。コロナ禍からの完全テレワークでどんどん太った。

2020年の3月くらいから日本は大騒ぎになったが。その4月には完全テレワークが始まっていた。その年の9月に舅が亡くなった時は、高校卒業時に作った礼服のズボンがパンパンだった。礼服はウエスト調整ができるようになっていることで、なんとか助けられたが。これはいずれ作り直しだろうと思った。
2021年の6月には、テレワーク前に着ていたスーツが全てサイズアウトで。急に呼ばれても着て行く服が無いぞと、慌ててユニクロで安価なセットアップを買うことにした。

家を出たのが2021年の6月の末。そこから一年。少しずつ少しずつ、元の細マッチョに戻った。「ちゃんと食べてるんだけどね」と言う。食はかなりしっかりする方なので、そうなんだろうと思う。コンビニ弁当を嫌い、注文して作ってもらう弁当屋に行く。クックパッドを活用していて、よく自炊の写真を撮る。栄養素をちゃんと考えるとか、家にいたときからうるさかった。だからやつれたというよりは、この子の元々に戻ったような気がする。

テレワークのあたりから太ったのだが。その後、テレワークと出勤と両方あるらしい。エレベーターの無いマンションの4階なので、買い物自体も運動になっているのかもしれない。そのくらいで脂肪を落とせるのは羨ましい限りだと思う。

数日前に健康診断に行ったと。その結果はまだ出ていないのだが、簡単な数値の結果を見せてもらったのを写真に撮っていて見せてくれた。177センチ59キロ。体脂肪率が一桁。筋肉量もあり、基礎代謝が「燃えやすい」の最高値になっていて笑う。健診先で「アスリートの体型」と言われたそうだ。特に運動もしていないのだが、そういう体質なんだろう。

10月に友だちの結婚式があると聞いていて。よかったね、もう礼服がきつくないねと言ってから。いや、ちがう、今ならあれが着られる。あれを着ようよ、ちょっと着てごらん。

「これはもう二度と着られないよな」と言いつつ、クローゼットに仕舞い込んだスーツを取り出す。18歳の時に作ったもの。細かいストライプの入った、要するにハレのスーツ。高校卒業時に作って、大学の入学式、成人式、卒業式と着たもの。笑っちゃうほど、すっきりと入った。

ひと昔もふた昔も前は、結婚式といえば礼服に白ネクタイだったが。今時は礼服もいるが、ハレのスーツもいる。白いネクタイもいるが、ピンクだの紫だののネクタイもする。一昨年先輩の結婚式に行った時に、ネクタイを買いに行くのについていって「今どき」にへー、と思った。

10月の結婚式は、高校の部活の友達でわたしもよく知っている。そつのないイケメンで、コミュ力もあるし、機転もきき、遊び上手でそしてモテる。「どこで知り合った子と結婚するの?」と聞いたら、マッチングアプリだと言う。あの子がマッチングアプリを使って結婚相手を見つけるというのは、なんかもう、時代はそういうことなんだなと妙に説得力がある話でもあった。ふうん、ふむふむ。

抗原検査キット

www.pref.kanagawa.jp

医療用の抗原検査キットを買わなきゃなあと思っていて。高いのかなあとか、指定薬局に在庫あるのかなあとか、なあなあで過ぎていた。

今日、遅い朝食をとって。なんとなく、今日やることのようにAEONに電話した。AEONは中の薬局で抗原検査キットを販売している。

イオン薬局は、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のための医療用抗原検査キットを販売しています。
各店舗の販売時間・お問合せ先は以下よりご確認ください。
https://www.aeonretail.jp/syohousen/shoplist.html

AEONの店舗の代表電話で、「抗原検査キット」と言うと、矢継ぎ早に次のことを言われた。

  • 入荷が不安定
  • 電話で今日の在庫の有無について教えられない
  • 電話で購入予約等できない
  • 販売時間帯は11時から17時まで

つまり、販売時間帯内に買いに行って「あれば買える、無ければ買えない。無い場合はいつ買えるかはわからない」という話だった。

その上で、「値段はいくらか」「ひとり何個まで買えるのかの制限はあるのか」と聞くと、薬局に電話が回された。

  • ひとつ1320円
  • ひとりにつき25個まで

いや、そんなにひとりに売っていいのか?入荷不安定なのに。そしてその上で、聞いてないのに向こうから教えてくれた。
「今日、在庫がある」。

この時点で10時。夫に「買ってきてくれ」と頼む。家族ひとり二回換算分。

11時から販売開始に、並ぶのかな。いやそこまでするのかな。あまり早く着かなくてもいいけれど、11時より前に着いた方がよいんじゃないか。ということで、夫は10分前に到着した。

「もう7人並んでる」。

  • 並んでいる間に使用法についての動画を見せられる
  • 対象は同居家族のみ
  • 使用する人間の氏名と生年月日記入

11時12分には在庫不足の札が出て、並んでいる人に購入数を聞いていき、11時半あたりで「本日の販売分終了」になった。
買えたのは、販売時間前に並んでいたひとを合わせて20人くらいだったと思うとのこと。入荷スケジュールは不明。

とりあえず、抗原検査キットを確保。これと解熱剤とで、検査難民にはならずに済みそう。

右足の軽い痛み

数日前からか、もう少し前からだったか。右足のふくらはぎのあたりに鈍い痛みがある。軽い痛みで無視できる程度。あと、右のお尻のあたりもかすかにすっと走るような痛みがある、無視できる程度。

なんか、あーあと思う。これはアレだ、変形性腰椎症からくるやつだ。

2019年に、右足のふくらはぎが痛くなって整形外科に行った。前屈して、と言われて前屈した。痛くないか?と聞かれて「痛くない」と答えた。後屈して、と言われて後屈して「痛い痛い痛い」と言った。医師は「はい、腰ですー、レントゲン撮りますー」と言った。レントゲンの写真を見せながら、医師が「あなたの腰は椎間板が潰れているのよ、加齢よ、はいリハビリー」と言った。

スポーツ整形とうたっているこの整形外科は、リハビリルームがジム的な場所だった。明らかにアスリートがトレーニングをしていたりする中で、おじちゃんやおばちゃんやおじいちゃんやおばあちゃんが黙々とストレッチをしていたりした。コーチとかトレーナーとか呼ぶのがふさわしそうなトレーニングウェアを着たにーちゃんやねーちゃんが、おじちゃんやおばちゃんやおじいちゃんやおばあちゃんにストレッチや軽い体操を教えていた。

この整形外科は、自分で自分の体の調整の仕方を、担当のトレーナーから教わる。自分の体を自分で調整することを学ぶのが「リハビリ」だった。

前回のリハビリで、ねーちゃんがわたしに言った。
「大きく息を吸って、強く吐いて吐いて吐いて。そこでお腹に力を入れて。そのまま呼吸を三回。この堅いところがインナーマッスルです、ここ鍛えます」。
腰のリハビリ - リツエアクベバ

この時のわたしのお腹はぐにゃぐにゃだった。去年の秋からなんだかんだ「宅トレ」をしている今、わたしのお腹には腹筋の線がある。だから変形性腰椎症に対抗できると思っていた。

ううむ、ちょっとつけた腹筋くらいじゃ、また痛みが出ることがあるんだなあと思った。つぶれた椎間板は元には戻らない。

しかしあの時教えられて、ずっと続けろと言われたトレーニング。痛みが出なくなってひとつ以外、ほぼ忘れた。
腹筋をつけることと、腿の筋肉をつけること、あと固くなった筋肉をほぐすストレッチだったよなあと。

とりあえず、地道に体をケアする。無視できる程度の痛みに気づくのも、また体のケアなんだろうなと思う。

夏休みの始まり

今日から夫が夏休みに入った。17日まで休み。娘は11日から16日まで休み。息子は11日から17日まで休みで、12日からこちらに戻るとのこと。

今日は、娘を送り出してから、夫と大型コインランドリーに行った。ラグやらクッションやら、息子の夏布団やらを丸洗い。
15キロの大型洗濯乾燥機に放り込んで「57分」をつぶしにホームセンターへ。
その後、洗濯物を回収。規定のコースでは完全には乾かないが、そこは猛暑のお日様に働いていただくのが前提で。

帰りに業務スーパーへ。お目当ての姜葱醤が品切れでがっかり。

www.gyomusuper.jp

大ぶりの桃と、昼ごはんに冷凍のラーメンを買う。

www.maruha-nichiro.co.jp

美味い。これで200円ちょっととか、すごいだろと思う。

コロナ見舞い

自分がコロナになった時に、amazonで発注したものをコロナ見舞いによく使う。
そんなによいものでもないが、とりあえず助かる。

第七波では、小さい子のいる感染家庭が多い。到着した段ボールをのぞき込む子どもの動画がくるとなごむ。

今日は、夕刻ちょっと前に届いたそうで。小さい子たちがバンザイして喜んだと連絡がきてなごむ。

量は少ない、味は優しい。