リツエアクベバ

satomies’s diary

口内炎

息子からLINE。口内炎ができたときにいく医者は何科か?

口内炎ができたのか。おれも今、できていると夫が言う。貼り薬を使っているのだと。

息子から写真がくる。飲み薬を飲んでいるのだと。

www.daiichisankyo-hc.co.jp

なんか、父と息子で同時口内炎で、同じ薬屋のちがうバージョンを使ってるらしい。

とりあえず様子を見て。医者にいきたければここにいけ、と。息子の住まい近くの、知っている耳鼻咽喉科を教える。

お彼岸と、お出かけ

午前中、母に電話。お彼岸だからね、仏壇の父によろしく言ってくれないか。そのまま、あれこれと話す。88歳、普段はその年齢の重みと無関係の生活をしているが、都合のいいときに「もう90だから無理」とか言っているとかいう話。

母の母、つまりわたしにとっての母方の祖母は、88あたりはもう自由に動けなかった。78とか79のあたりのときに「わたしはもう80なんですよ」とそればかり言って「まあお若い」と言われたがっていたなと。それに比べて母の健康寿命はすごいものだねとか、なんだのかんだの。

コロナの数字が下がってきた。年末年始にまた跳ね上がるかもしれない。来月あたりに行こうかと思うというと、いやだと言う。わたしがコロナに感染するのが本気で怖いのだそうだ。
「いや、電車じゃなくて車でいくよ」。そう言うと、知り合いのなんとかさんがお宅の娘は来ないのか、車で来ればいいじゃないかと言ってどうのとかぐだぐだ言う。まあ、いろいろ思ったりするのだろう。

昼過ぎから外出。徒歩圏にあるお墓にお参りしてから、金沢自然公園。

https://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa/

天気がよくて、空が素晴らしい。

f:id:satomies:20210923221013j:plain

プレゼント

息子から、プレゼントが届いたとLINEがきた。今度の日曜日が誕生日で、そのプレゼント。

ちょっと前に本人に言った。「誕生日に仕返しをする」。

息子がテレワークで使っている骨伝導のヘッドホンが、もう寿命なのはわかっていた。JBLセミワイヤレスも、バッテリーが劣化してきていた。

「新しいの買わなくていいからね、仕返しするから」。

おととしの誕生日、息子がこれをくれた。

わたしのは赤。
そこそこ高いものをくれたなあと思った。本人はもっと安いものを使っていた。
本人が「これがいい」と選んだものだから、それをあげればうれしいだろうとこれにした。青。

別に、おそろいがいいとかいう気味の悪い理由ではない。
非常に喜ばれる、よかった。

空き缶

所用で出かけ、帰ったら。家の塀に空き缶が置いてあった。缶コーヒーを飲み終わって置いていったもの。

こういうものは見つけた時点ですぐ片付けないと、二番煎じのバカがくる。今までならば、家で洗いうちのといっしょに空き缶のゴミの日にいっしょに出した。今までなら。コロナ前なら。

ひとの、唾液がついた缶なんだよね。それ、捨てる人わかってるのかしらと思う。
出かけたときにしていたマスクを外して、そのマスクで空き缶をつかむ。そのまま、ゴミ捨て場に持っていく。明日は空き缶じゃないし、洗ってないけど。

ゴミ捨て場に空き缶を置き、戻ってきて玄関外のマスクを捨てる袋にマスクを捨てる。捨てる前にふと思いついて、マスクにアルコールを吹きかける。

それから手にアルコールをかけ、そしてやっと玄関の鍵をあける。

たかが空き缶。でも見知らぬ人の唾液、ものすごくおそろしい。

秋晴れ

土曜日にワクチン接種で、月曜日。息子の熱は昨日下がり、わたしも息子ももう腕も痛くない。ワクチンが終わったという感じ。

日曜日の明け方、体がとても熱くなり。5時ごろ起きて、検温しOS1を飲んだという話を息子がまたする。38.5という表示を見た時に、副反応だと思いながらも感染だったらどうしようと思ったそうだ。ワクチン接種のタイミングで発症、たしかになくはないしそうした話も報道にはあった。
今の状況の発熱というものは、そういう感覚をもつものなのだと思う。

ね?と、わたしは息子に共感を求める。先日わたしは発熱した。どんなにか恐怖だったかと。すぐに検査をという感覚は、とても自然な恐怖だと思う。

息子が一人暮らし宅に帰るのを車で送る。まだ持たせていなかった掛け布団を積む。
1時過ぎに家を出て息子を送り、それから夫と娘と三人で大きな公園に行く。
秋晴れで、さわやかで、気持ちがいい。久しぶりの散策だった。

四月に入り、すぐに罹患し。退院してすぐに五月になって。娘はすぐに回復したが、わたしと夫は長く歩くとすぐに息が切れた。そうしたところが改善される頃には梅雨がきて、そして猛暑がきた。

久しぶりに公園を歩く。ずいぶん久しぶりで、そう思いながら秋晴れを満喫する。

副反応

わたしと息子、ワクチン2回目の副反応。

わたし

たいしたことはなかった。
当日夜から腕が痛い。翌日昼くらいまで痛い。夕刻にはほぼ痛くない。
当日夜、37.2度。あとはずっと平熱。

息子

1回目も発熱、今回も発熱。
当日夜から腕が痛い。翌日昼くらいまで痛い。夕刻にはほぼ痛くない。これは同じ。
当日夜、37.4度。翌日早朝38.5度、OS1を飲む。朝食後に解熱剤。午後から夕刻、ずっと37度前半。夜10時過ぎに平熱に。
ただ初回は夜も発熱、翌々日の解熱だったので、少しましになったかも。

なんとなくの結論

既感染者のワクチン副反応」

全くの個人が集められる話の範囲で人に聞き、真偽はわからずのレベルでおよその規準を勝手に出した。

  • 感染から二ヶ月以上あいている場合、当日の異変は回避できる。
  • 未感染者が2回目に出る副反応が、1回目から出る。
  • 2回目の副反応は、1回目より軽い。

感染した時の症状の重さは、わたし、娘。夫、息子の順。
ワクチンの副反応の重さは、息子、夫、娘、わたしの順。
完全に逆になったが、このあたりの規則性はたぶん偶然。