リツエアクベバ

satomies’s diary

ネタかよ

今日は、お友達と公園ランチ。

お外で尚且つ、対面の距離は2メートルある。マスクして話し、黙ってメシを食い、またマスクして話す、まあ楽しい。

と、高齢男性が「ちょっと失礼しますよ」と入ってきた。公園の中のベンチですから「どうぞどうぞ」と席を詰める。

すると。男性がわたしたちにどんどん話し始めた。どんどん話す、いろいろ話す。86歳でお元気で、毎日たくさん歩くんだそうだ。
どんどん話す、いろいろ話す。ジジイ、マスクしてない。

わたしたちは別にマスク警察じゃない。マスクしないで公園来ようが別にどうでもいい。
近寄らないでくれれば。
ひたすら話し続けないでくれれば。

わたしたちは、なんつーか、あうんの呼吸でそれぞれのスマホをチェックし始めた。とりあえず、わたしたちの会話を「休憩」することにした。それぞれのスマホに集中などしてみた。

ひとりがわたしに、非常に個人的な会話の糸口をふった。要するにジジイに会話を取られないようにしたのか。わたしはその質問に答えて、またわたしたちの会話が始まった。

「それはそうと、ですね」
と、またジジイが強引に会話に入ってきた。

どうしようかなあと思ったけれど、きちんと言うことにした。

「申し訳ないのですが。わたしたちは、マスクをしていない知らない方とはお話しできません。わたしたちにはそれぞれ、大切にしなければならない家族がいます」

ああ、そうですか。と、ジジイがにこやかに答えた。私はいつもマスクをしているんですよ、ちょっと外す時もこんなふうに耳にかけたりするんですよ。

(知らんし)

「申し訳ないのですが。わたしたちは、マスクをしていない知らない方とはお話しできません。わたしたちにはそれぞれ、大切にしなければならない家族がいます」

もう一度同じことを言って、立ち上がって丁寧に頭を下げた。

では、失礼しますね。と、ジジイが立ち上がった。それからにこやかに付け加えた。

そうそう、私はね、趣味で歌を歌っているんですよ。

そう言ってから、いきなり両手を広げてでっかい声で朗々と歌い始めた。ザ声楽、えせオペラ、みたいなやつ。

(勘弁してください)

やれやれだ。ネタかよ。と、思った。
家に帰って息子に話した。「どんなジジイだった?」
すぐ思いつく感じのジジイじゃない。むしろ、いい感じに見えるタイプだった。でもマジ、勘弁してほしかった。

はてなブログのアプリ

いつも入力にはてなブログのアプリを使う。昨日はてなブログのアプリ上からコメントを入れようとして、うまくいかなかった。自分のブログのコメント欄に「名前」やメアドを要求される。そして画像認証を要求され、挙げ句の果てにフリーズする。

要するに、アプリで入力や管理をしているのにコメント記入をしようとすると「はてなユーザーではない人」と認識してくる。百歩譲っても、フリーズすんなと思う。Googleアプリでもうまくいかず、結局Safariにお世話になった。

今日はSafariで管理画面を開いている。慣れたアプリの方が使いやすいかな。

買い物外出

今日は銀行に用事。もうずいぶん前から、銀行へは23日か24日に行く。25日や15日には行きたくない。生活をキャッシュレスにしてしまいたいが、夫も義妹も現金中心だし医療関係が現金払いなのでなかなか現金から離れられない。

街へ出るついでにアルコールを買う。一時期と違いあちこちで買えるようになったが、そもそも値段がはるものなので「手を洗えばいいじゃない」で終わっていた。ところで、どうやら第三波が始まるらしい。「家に入る前に消毒」ということがいいようだと。そういや、店も建物もアルコールの設置は「入る前」だ。ということで、玄関外にアルコール台を設置してみた。DIY

置いたアルコールは、「JMソリューション」という、韓国のメーカーのもの。

prtimes.jp

ここのアルコールジェルは500mlのでかボトルがアルコール濃度62パーセント。楽天amazonで600円から千円ちょっとくらいで出てる。これが近くの韓国コスメが売ってるお店で298円で買える。のでそれを今日買い足し。

柚子の蜂蜜漬け

昨日母に持って行った柚子の蜂蜜漬け。「美味しい、どうやって作った?」と聞くので説明する。ネットでいろいろ見ての自分メモ。

  1. 柚子をよく洗う。
  2. 半分に切る。
  3. 箸で断面の種を取る。この時に滴る果汁を皿などで受けておく。
  4. キッチン鋏で、断面の中央になる「房の中央部」を切り取る。
  5. 皮を「円周の4等分」で、細めに切る。
  6. 消毒したガラス容器に多めの蜂蜜と、切った柚子と果汁を入れる。

マーマレードと違い煮てないので、冷蔵庫保存で早めに消費する。お湯に入れてホットで飲んでも、パンにつけても美味。

実家詣

毎日東京の新規感染者数がすごいことになっているが。どこに遊びに出るでもなく、電車で移動して実家に行って母と時間を過ごすだけのことと割り切り決行する。

手土産に手製の柚子の蜂蜜漬け、娘の事業所の製品、果物など。
到着して叫ぶ、忘れ物に気づいたため。

仏壇の父にごめんごめんと叫ぶ。持ってくるの忘れたよ、買ったのは早かったんだよ。ぐずぐずぐずぐずと文句を言う声が聞こえてくるように思うので、とにかく平謝り。

忘れ物は、舅と父が好きだったもの。ふたりとも、最期の頃にはもう食べられなかったもの。

父がぐずぐずぐずぐずぐずぐずぐずぐずと、文句を言う。
「向こうのおとうさんには忘れなかったんだろう、すぐ渡したんだろう、おれには忘れたんだろう」。
こういう愛されなかった系に、父はしつこい。ごめんごめん、本当にごめんなさい。

死んでしまうと、たいがいの欠点に優しくなる。
死んでしまうと、たいがいの欠点に人生を思う。

という話を母とする。まあ面倒くさい人だった。大切にされない育ち方をした人だった。
大切にされない育ち方をすると、いろいろこじれるよな、と考える根源にもなった。だからというか、子どもは大切に育てようと思ったし、大切にされるということが伝わる育て方をしたかった。

そうして「母親に大切にされている子ども」を見ると、父の心はまた波立つのだったよなあと。「孫」より自分の心の迷子の方が重かった。

人生だなあと思う。ごめんね、次は必ず持っていくから。

金沢動物園

用事が午前中で済み、天気がよかったので金沢動物園に行く。金沢区の山の中にあり、八景島を山の上から眺められるような自然公園。高速道路からそのまま駐車場に入れるアクセスの良さ、障害者手帳で駐車料金は減免、本人と介護者2名まで入園無料。ふらっと自然散歩ができる場所。

広々とした園内の散策コースで、コロナ禍をそんなに意識していなかったのだけれど。天気の良い連休の割にはひどく空いていたと思う。

入口で係員がひとりひとりに声をかけて、手指の消毒をして入園。手すりには「触らないで」の紙が貼られていたり、あちこちに一方通行のルートができていたり。いつもは人だかりのコアラ館も、ほぼ誰もいなかった。

動物園とは言いつつも、単なる散策コースのわたしたちは秋を感じながら歩く。途中で販売機の缶コーヒーで休憩。そういえば年配の人間を見ない。要するに親子しかいない、祖父母がいない。

「前回、いつ来たんだっけ」と夫と話す。ほらあそこ、あそこで早咲きの桜を見たんじゃなかったっけ。5月の連休は来たのかな、いや忘れたね。

帰宅して調べる。金沢動物園は2月の終わりから6月の半ばあたりまで休園していた。
yokohama-kanazawakanko.com

以前来たのは2月23日だった。
satomies.hatenadiary.com

どうするかな

昨日一昨日と「記録更新」とタイトルをつけ。同一だったのに今日気づいたのでタイトルに日付を入れた。

新規感染者数がニュースの目玉になる毎日。だからどうするとか言っても、どうにもならない。マスクをして手を洗って、責任が取れない人間関係と外食しない。とか、そういうことかと。

日曜日に実家に行こうと思っていたのだけれど。母が「無理しなくていい、なんとかやってる」とメールを入れてきた。四月五月ならすぐに、そうだよなとなったと思う。でも今、正直(電車乗るだけじゃないか)とも思う。

たぶん、明後日行かなきゃ年末まで行けないんじゃないかと思うということ。も、あるなあと。

など、ぐずぐず思う。明後日どうするかは明日決めよう。