リツエアクベバ

satomies’s diary

右足が痛い

昨日の午後くらいから右足が痛かった。右足の腿、外側。夜になるととても痛くて。寝る時くらいにはかなり痛かった。なぜ痛いのかよくわからない。筋肉痛のようにも思う。なんで筋肉痛なんだ。

金曜日のパートの時に「足が痛くなる靴」をはいてしまった。まあ大丈夫だろうと思っていたが、大丈夫じゃなかった。

ここのところ左足の踵が痛くて、どうやら「足底筋膜炎」のようで。この原因のひとつに「底の薄い靴」というのがあった。加齢で足底のアーチが崩れている時に悪影響というもの。そうか「足底筋膜炎」か。と思って緩和するストレッチとかやっていたら痛みが消えた。それでこれが原因かな?と思う靴を「つい」履いてたんだ。

だんだん左足の踵は痛み出して、ヒョコヒョコと歩いた。ああ、右足に変な痛みが出そうだなとは思ったんだ。

しかし、やわだ。やわすぎる。だから、だよね。加齢でどんどん退化する筋肉ということをちゃんと考えなきゃいけないんだ。変形性腰椎症と言われた時に、リハのトレーナーのねえちゃんにあれだけ「あなたのためのオリジナルのストレッチやトレーニング」を組み立ててもらったのに。「痛みが消えてもサボってはダメだからね」と言われたのに。

ここが痛いからかばって動く。ただこれだけで筋肉痛が起きるのは、もう筋肉も柔軟性もヤバすぎるわ。

昨夜痛くて。早朝目が覚めてGoogleでいろいろ見る。鎮痛で飲み薬を使っても良さそうなので、朝飯後に飲む。とっとと痛み取らないと、痛むとこかばってまた別のところが痛くなるループになるところから脱走したかった。

痛み止め飲んでも、痛いわ、ヤバいわ。効かねーのかしら。しょうがねーな。と思いながら動く。昨夜眠りが浅かったので、昼寝ぶっこく。

夕方くらいから痛みが引く。「薬の効き目遅い」と言うと夫が、いや薬ではなくおさまってきたのかもと言う。どうなんでしょう、明日が怖いわ。

今日の誓い。「痛みがおさまったら毎日ストレッチと軽いトレーニングをする」

桃のコンポート


桃を収穫した。このバケツ以外にもこの半分くらいか。皮をむいて種をとって切った状態で3.4キロ。

今年は実が多い。花がたくさん咲いたからか。コロナコロナと世の中が深刻になっていくさなかに、実に美しくたくさん咲いていた。春なのに、春だなあ、美しい。とか思っていた、あの頃。

まだ完熟ではない、でもこのままにしていたら風は吹くわ雨は降るわリスは食うわでさんざん。だわ。今日までの雨風でかなり落ちた。そしてリスが半分食った実もたくさん落ちてた。

桃のコンポートの作り方。ネットにたくさん上がってるが、どれもふつうの桃使用。桃の量が「個」でグラム換算がない。

水の四分の一の量で砂糖。あとはレモン汁と白ワイン。というのが一般的みたいだ。ということで自分メモのために分量記録。
売り物みたいな桃ではないので砂糖多め。

大鍋ふたつ。分量はひとつの鍋につきのもの。

  • 水 800ml
  • 砂糖 300g
  • レモン2個
  • 白ワイン 120ml

30分ほど煮てそのまま漬け込み。甘みは時間で深くなるだろうし、足りなかったら粉砂糖かけて食べる。

桃とった後でリスがきた。まだ残ってるがあらかたないぞ、驚け。とか思ったら、ニセ蛇に出くわしたみたいで速攻で逃げていった。

去年は「来年のために」と水鉄砲を買った。今年はニセ蛇を買った。来年のためにゆっくりニセカラスを探そうと思う。

金曜日

ゴミ捨てに出たら、道路側からうちの桃の木にリスがいるのが見えた。道に落ちた桃を拾ってリスをめがけて投げる。リスが一目散に電線を走って逃げていく。そういえば最近電線あたりにカラスを見ない。リスはカラスがいない方がいいのか、amazonで偽カラスでも探すかとか思う。

短時間パートに出て、週末の買い物に行って、夕方になったらカレーを作る。これが金曜日。そこに最近さらに追加されたことがある。月一回の金曜日、舅のところに医者が来る。訪問医療。診察して処方箋を置いていく。医師が出した処方箋を受け取って、うちから薬局にFAXで送信する。ひと月分で多い、舅が飲める状態にしてもらう。など手間がかかるのであらかじめ処方箋を送っておく。それから薬局に電話をかけて「夕方取りに行く」とお願いする。夕方になったら娘に「行くよ」と声をかける。娘はこの薬局のそばのお店でお買い物をしたいんだ。

昼過ぎに実家に行って義妹としゃべる。「お医者さんは来週」、そうか。しかしこの間薬局に行ったような気がする、ひと月は早いね。

早いね、早く感じる。これはあれだ、コロナがそばにある生活に慣れてきたんだ。

午後、娘の事業所から電話がくる。今日は娘は在宅日なので在宅支援。娘の体温や状態を伝え、娘自身も職員さんと話す。もろもろこなしてから、職員さんと話す。

東京の新規感染者数が100人を超えた。7月後半には体制をコロナ前に戻すという予定で動いているのだが、今後の動向でどうなるか。まだ人数調整を続行する可能性も、など伝えられる。

怖いね。怖いが。もう4月のわたしたちよりも、今のわたしたちの方が強い。たくさんのことを考え、試行錯誤した。通所が日常の人間を在宅で支援すること、そのことについてもたくさん考え、たくさん話した。見えてくるものもたくさんあった。娘の障害特性について、改めて相互にいろいろ話した。ちゃんと経験した。わたしたちは強くなってる、だいじょうぶ。

蛇がきた

satomies.hatenadiary.com

きましたよ、蛇が。amazonで購入の「蛇のおもちゃ」。

f:id:satomies:20200702170904j:plain

蛇だなあと眺めていたら、リスが飛んでいった。蛇が視界に入った!という感じで飛んで逃げ出したという感じ。でも近くまで来てたよなと思う。遠目には見えないのか。よく来るところで油断していたということか。

f:id:satomies:20200702170910j:plain

たわわになる桃。4〜5センチ程度の小さいもの。果物屋のものに比べると「野生」。コンポートにする。

f:id:satomies:20200702170914j:plain

近くの木にホースをかけておく。元々「リスよけに、ホースを絡ませておくといい。天敵は蛇」とネットで見た。それでホースよりもと蛇を買った。レビューには「バルコニーの鳩避けにバッチリ」みたいなのがあった。

f:id:satomies:20190707185542j:plain

この写真は去年の今頃撮ったもの。

f:id:satomies:20200702170919j:plain

やや遠目に見る蛇。実物はちゃっちい。100均レベルより少しは上か?くらい。空気を入れてふくらませる。95センチだからそこそこデカい。

しかし、ですが。夕刻、見た。リスはホースのすぐそばを平然と歩いていった。ホースはダメか。桃食った帰りなのか。動かない蛇はダメなのか。
夫にこれこれこうでと話したら、もっと蛇を買おうかと。リス、手強い。

雨だの天気だの

まあ、ジャバジャバジャバジャバとよく雨が降る。昨日は風もごうごうとすごかったな。自然にはかなわないねと思う。

窓を閉めると蒸し暑い。エアコンを入れるとなんだか肌寒い。こんな天気もイヤだが、これ超えるとまた猛暑かと思うとちょっとげんなりする。

隣家が更地になって、新築の建て売りが数軒できた。週末ごとに不動産屋らしき車に乗せられて家族連れが来るが、誰かが引っ越してくることもない。

しかしいずれはあの、ぎっしりほぼ隙間なくたてこんだ数軒に人が住み始めるだろう。大きなお庭だったところに軽く10台を超える室外機がぶん回る夏になるんだろう。

ああ、暑そうだなあと田舎のババアはクラクラくる。ぎっちぎちに建つ家なんて都会で育ってそんなことは当たり前だったはずなのに、すっかり田舎のババアになったもんだなあと思う。

まあ仕方がない。自然に逆らえないように、時代の変化にも逆らえない。横浜の片田舎だったこのあたりも、建て売りや分譲マンションががんがんできる場所になった。リス被害、ヤバいけどね。

クローバー

父が死んだのが2013年の春で。確かその後にわたしはガーデニングにはまったんだった。まー、ひたすらひたすら花を育てまくってた。去年あたりからなんか落ち着いてしまったが。

新しい苗欲しい欲しいモードは終わったが。育てている鉢はたくさんある。しかしあれだ、クローバーってのはすごいな。

ダウン症の親のグループにクローバーをもじった名前をつけたものはめずらしくはない。名前に使わなくても、広報誌やグッズにクローバーのイラストを入れたりするところもある。四つ葉と染色体多い子どもと重ね合わせるというか、そんなところで。

いや、ガーデニングにはまり始めたら、クローバーってすごいなと思うようになった。ほめてるわけじゃない。ザ雑草というような生命力に畏れいるというか。力をこめて引き抜くのだが。

はって広がるスペースにははって、背伸びした方がいい環境では細長く。ひたすらひたすらに、ザ雑草という感じで根をはりはびこっていく。

育てている鉢のクローバーを引き抜きまくっていると、クローバーに対してのイメージがちょっと変わりますね。四つ葉は見てないし、探してもいないんだけどね。

ということで、今日は鉢をいじる時間があった。明日かあさって、ラベンダーの鉢をなんとかしたい。大きな鉢に入れ替えて大きくしたい。斑入り葉のラベンダー「メルロー」。美しくていい匂い。とても好き。

レジ袋とかレジの人とか

明日は「レジ袋無料」の最後の日ということで。先駆けて有料にした店も多い。

わたしは車での買い物で、数年前から「マイバスケット」を使用。レジでカゴを渡すと詰め込んで渡してくれる。楽なことこの上ない。ただ、今はコロナの感染防止でこの「レジの人が入れてくれる」をやめる店も増えた。

それでもまだ入れてくれるお店もある。入れてくれるお店のひとつが6月からレジ袋が有料になった。「レジ袋は有料ですが、ご入り用ですか」。このフレーズが並んだいくつものレジから聞こえてくる。

カゴを渡して、清算しながらそのカゴに入れてくれて。「レジ袋は有料ですが、ご入り用ですか」って、よく聞かれる。「いらないです」って答える。ルーティンなんだろうなと思う。

そういえば楽天ポイントを提携にする店も増えた。わたしはスマホ楽天カードを入れてあるのでそこからピッとしてもらう。ピッと読み込んでもらって、清算してもらって「楽天カードお持ちですか」って聞かれることもある。いやわかるけど、なんとなくどう答えたもんかのうとかも思う。スマホを手にして曖昧に微笑む、が今のところ定番。