リツエアクベバ

satomies’s diary

ゼリー大好き

昨夜、舅のための介護食ゼリーを作る。作りながら夫と話をする。ゼリーが、固さが、うまく食べられるか、とかそんな言葉が飛び交う。

「ゼリー?」

目を輝かせて娘が聞く。ゼリー好き娘。ちぃちゃんのも作ってあげるからねと約束。

したんだけど。午後気づいた、あー娘の分も作らなきゃだ。舅が食べられる食べやすい固さとか、義妹とそんなことばっかり話してて娘のことを忘れてた。ゼラチンはあるが、なにでゼリー作ろう。買い物行ってる時間もないし、こういうときに限って牛乳が明日の朝の分のギリギリとか。

ミルクティーのペットボトルがあったのでそれで作る。少し砂糖と牛乳を足した。美味しいって。よかった。明日はもう少しリッチなゼリーにしようかな。